事務+営業を意識して働く (朝礼ネタ227)

営業事務という職種の魅力は事務職でありながら、時には営業職としても活躍できる場面があるという事です。

基本的には、電話応対、来客対応、伝票作成、備品発注などの一般事務にプラスして営業部の方のサポートして、見積作成、顧客へのフォローを付随して行う事が多い営業事務ですが、そこに一つ踏み込んで商品の営業を行い客単価を上げる工夫をすることが重要だと考えます。

例えば、注文書を確認して、その注文金額では、送料が発生してしまう場合に、こちらからお客様へ連絡を入れるとします。
あと1,000円で送料が無料になりますので、追加で何かご注文はございませんか、と、ご提案したとします。
その一文だけでも購入金額を上げることは可能です。その場合、1,000円プラスになる程の追加注文しか頂けないのが殆どです。

しかしながら、一歩踏み込んで、その電話の際に、新商品や今よく売れている商品を簡単にお伝えする事で、それも買ってみようかと言ってくださる場合がございます。
購入につながらなかった場合でも、商品サンプルやパンフレットのご希望があれば、次にご注文を頂けるチャンスにつながります。

顧客の皆様にご購入して頂ける商品の種類が増えるという事は長期的に見れば、客単価のアップ即ち、売上のアップにつながります。
電話一つのとても小さな事ですが、日々積み重ねる事で、ご担当者様から信頼を得る事に繋がり、商品が売れる事で自身のモチベーションアップにもなります。
もし、よろしければ本日から実践してみてはいかがでしょうか。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。