不動産の営業に必要なことはいかにステータスを感じさせる説明ができるか? (朝礼ネタ210)

人が家を買うという行為は、やはり特別なものであり、かなり大きな決断であると言えます。
そして、不動産業界で働く営業の人間は、家を買ってもらう立場の人間であり、家を買う立場の人間の気持ちをしっかりと理解しておく必要があります。

昔は特にそうだったと思いますが、家を買うっていうのは、各家庭の夢の1つだったと思います。
今でもそういった雰囲気はあると思いますけど、持ち家を持っているということ自体がステータスとして機能している面がより顕著だったと思うのです。
したがって、賃貸にはない家の魅力というのはそういった部分になるでしょう。

つまり、家を買うという動機の1つには、自分の家を持つという夢やステータスの意味合いがあり、今でもそれは根強く残っているはずなのです。
不動産業界の営業担当の人間からすると、消費者心理をしっかりと読んで、その点についてアピールをしていくということが有効と言えるのではないでしょうか?
家を持つということの壮大な部分を、相手に訴えかけていくというスキルが求められているのです。

人が家を購入したくなるときには、自分の感情のうちどういった部分を刺激されたときなのか?についてしっかりと認識することが重要です。
つまり、家を持つということの特別さに関して、社会的な地位や信頼性の向上など、ステータスに関する部分の話を展開することで、興味を惹きつけることができるのではないでしょうか?
私自身、これから営業として活動していく中で家を買うということに関してのみ発揮できる魅力などを特に伝えていきたいと思います。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。