人事に必要な能力は第一に合理的な決断力 (朝礼ネタ209)

人事という職業はいろいろなケースにおいて非情であることが求められると思います。
私情を挟まずに適切な決断をしていかないといけないのです。
常に会社の利益のことを考え、合理的な仕事をしていくということが求められている職種と言えます。

つまり、人事には決断力というものが非常に重要になると言えます。
そして、ここで言う決断力というのは会社にとって有益な状況をもたらす決定をする力であり、そのための基準をあらかじめ作っていくことが必要なのです。

人事はある程度裁量権を与えられて仕事をする機会が多いと思いますけど、基準に関してもある程度自分で決められる部分があるはずですから、どういう方向性で仕事をしていくべきか?目指すべき組織はそういった形なのか?という理想をまず最初に考えておきましょう。
そして、その基準に沿って機械的な感じで仕事をしていくと、合理的な決断をしやすい、私情を挟まずに行うことができると言えると思います。

人事も人間なので、どうしても感情で判断をすることがないとは言えません。
しかし、感情が入ると非合理的な決断になりがちなので、それを防ぐためにはこういったことが必要になるのではないでしょうか?

非情になることが重要で、かつそれを実現するための策を考えて、実行できるような人が優秀な人事になると思います。
私は非合理的になりがちな人間の性質を理解し、そのうえで会社に貢献できる仕事をするために必要なことを考えて、これから人事として取り組んでいきたいと思っています。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。