警備員は心身ともに健康でなければいけない (朝礼ネタ205)

警備員の仕事というのはどのようなイメージでしょうか?
現場ごとに多少異なる面はあるものの、多くの人たちの安全を守る仕事と言えます。

そういった目的のために警備員はいるわけですけど、警備員のそういった仕事をの中でも最も重要な能力は何か?というと、集中力です。
安全というのは、注意力が散漫になっているほど崩れやすい性質があると言えます。
これは警備される側にとっても同様ではあるのですが、仕事としてやっている警備員は絶対に意識をしないといけない部分です。

そして、注意力が散漫にならないように、集中力を維持していろいろな方向を見渡し、状況を常にチェックするために必要なのは何よりも心身の健康なのです。
体調不良ではないという身体の健康はもちろんですが、心の健康も同時に達成しないといけません。
心に問題があると、何か気がかりな部分に考えを巡らせてしまって、集中が途切れてしまうということがありますから。

だからこそ、警備員は勤務にあたるうえで常に心身ともに健康を維持するという責務を負っているのです。
しっかりと食事をして、しっかりと睡眠をするということ、そしてストレスを溜めないということが重要になるのです。
どの職業でもこういったことはある程度必要ではありますが、警備員は人の安全を担っている職業ですから、特に必要だと思います。

私自身、心身の健康に関しては今まで以上に気を遣っていきたいと思っています。
自分のためにもなりますし、多くの人たちのためにも同時になるので、そういった気持ちが気持ちが警備員に必要な資質なのだと思うのです。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。