接客業で大事なこと。 (朝礼ネタ20)

今日は接客業で意識して行いたいことをお話ししたいと思います。
私が毎日の業務で心掛けていることは、[笑顔]と[良い声を出す]です。
これらを意識して行うと、自分の仕事に対する意欲も高まるし、
お客様にとっても、気持ちのいい接客ができると思います。

お客様がいい気持ちでお買い物するためには、丁寧な接客はもちろんですが、
従業員の雰囲気も大事だと思っています。
以前、お客様に商品の場所を聞かれた際にご指摘頂いたのが、
「従業員が忙しそうでなかなか声が掛けずらい。」
というものでした。
従業員が多少の余裕を持って業務に取り組むと、お客様もゆっくりお買い物できるのでは、と思います。
でも、忙しいときはなかなかそれが難しいですよね。そんな時私が意識しているのは、笑顔です。
真剣な表情よりも、笑顔のほうが余裕があるように見えますよね。

従業員の雰囲気が上がるとお店の雰囲気も必然的に良くなっていくと思います。
皆さんで意識して行っていきましょう。

次は良い声についてですが、さっきの笑顔に繋がるものがあります。
なぜかと言うと、笑顔で接客すると自然と声のトーンも上がるからです。
声のトーンが上がると、あんまり大きな声を出さなくても、よく通る声になります。

独特なイントネーションで「いらっしゃいませ」と言ってる店員さん見たことありませんか?
あれは、声に使う力を最小限に抑えて、お客様の耳にはっきり残るように出す、声の出し方らしいです。
皆さんなりに、出しやすくて通る声を見つけてもらえたらなと思います。

皆さんも、お仕事をしている時や、お仕事に取り掛かる際に、
スイッチを入れるために意識して行う行動を何か一つ、持っておくといいと思います。

これで私のスピーチを終わりたいと思います。
ありがとうございました。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。