安全管理と品質管理 (朝礼ネタ199)

みなさん、日々の生産お疲れさまです。

製造業の世界では、単能工よりも多能工化を進め、社員の育成を図る動きが盛んになっています。

弊社でも、多能工を進め、一人の社員に負担が集中しないように取組が行われています。ただ、私たちの部署ではまだまだ単能工が主流になっています。

毎日、同じ作業を行っているとその作業に慣れてしまい、ついつい流れ作業になってしまいがちです。そういう時にこそ、労働災害の発生、また、不良品の社外流出が発生してしまうものです。みなさん、今一度気を引き締めて作業を行いましょう。

私としても、作業開始前に必ず不安全カ所がないか確かめることを心がけようと思います。

まずは、安全を確保すること。そして、自分の作業エリアだけでなく、時にはみなさんにも指摘することがあるかもしれません。もちろん、皆さんも私に対しこれは危険な作業ではないかと感じたら何でも指摘してくれてかまいません。

自分のことだけでなく、周りは何をしているのか気にかけつつ作業を行いましょう。

安全が確保されたのであれば、次に品質です。

先日、私は発生させた不良品を見落とし、次工程へ流してしまったことは記憶に新しいと思います。幸いにして社外流出とはならなかったものの、お客さんに対し多大な迷惑をかけるところでした。

あらためて、自分が生産したものがきちんと仕様書通りになっているか一品一品を確実に見ることを心がけようと思います。

最後に、もう一度言います。

一に安全、二に品質、三に生産性。

この製造業での基本を忘れずに作業に入りましょう。

もう1記事読みませんか?