豆苗に教えられた?! (朝礼ネタ15)

早速ですが、今日はちょっと地味で素敵な話をしたいと思います。

先日私は、スーパーで何気なく豆苗を買ってきました。
豆苗は、エンドウ豆から伸びた新芽を食べるもので、かいわれのように、豆から発芽したままの状態で売られています。
地味な食材ですが、これがサラダや炒め物に便利なんです。

そして、スーパーにある他の野菜と違うところは、豆苗をカットした後の豆を水に浸すと、だんだん発芽してきて、二度目の収穫ができるところです。
ゴージャスな生活を送っていそうな私ですが、実は質素な生活を送っていることがこれで分かると思います。

それにしても、発芽する様子は、見ていてとても面白いです。少し目を離したら、もう伸びていると感じるくらいに、成長するスピードが速いのです。

私も、入社した当時は、豆苗のようにどんどん成長する自分を想像していました。
しかし、そう簡単に仕事がうまくいくことはありませんし、仕事の厳しさが増すにつれて、いつのまにか成長について考える余裕がなくなっていました。

そんな自分に、はっとしました。それに引き換え、豆苗はなんて素晴らしいんだと思ったのです。
どうか笑わないで聞いていただきたいのですが、私は豆苗から感動をもらいました。

豆自身の持つ力を存分に使って、カットされてもカットされても新しい芽を出し続ける。
そんな健気な姿に、心を打たれ、応援したくなりました。
その時、もうひとつ大事なことに気が付いたのです。一生懸命に頑張る姿は、周りの人も応援してくれるということです。

私は、新入社員の頃の一生懸命な自分に、今一度立ち返り、心機一転頑張ろうと思います。
皆さまも、私を豆苗だと思って、変わらぬご支援とご指導をお願いいたします。
本日も、よろしくお願いいたします。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。