案内係の心得を含めた笑顔のメッセージ (朝礼ネタ149)

梅雨のシーズンに入り、毎日、ねっとりとした、気持ちが晴れない日が続いております。こんな日和に、さわやかな笑顔に出会うと、とてもホッとし、安心しますね。
皆さんは、来社したお客様に対し、最初に言葉を交わし、接する立場にあります。

皆さんの笑顔と対応が、当社に対する第一印象となることは、十分認識していると思いますが、今朝、電車の中で、お母さんの膝の上に載っていた1歳くらいの女の子に対し、おじいさんが笑顔で話しかけているような姿を見ました。女の子も次第に、笑顔となり、「笑顔のキャッチボール」みたいな情景でした。

かわいらしい笑顔、ホッとする姿、それが自然に生じていることを目にすると、笑顔や安心感が伝染していきますね。
小さな女の子の笑顔と、皆さんが大人社会の仕事の中で発している笑顔とは、違うものかもしれませんが、人に与える好感ということについては、同じだと思います。

雨続きの日に、仕事のことで悩んでいるような難しい気持ちで来社した方に、皆さんがさわやかな笑顔でお迎えすることにより、笑顔が伝播し、思わず、心が温まる、そんな状況を創り出せば、商談もうまくいく、といった方程式が成り立つのかな、と思います。

飛躍しすぎた感がありますが、いやな気分になっている人にも、気分転換が図れるような、そのような素敵な笑顔で接するように努めていただきたいと思います。

では、今日一日、よろしくお願いします。

もう1記事読みませんか?