通勤中のルーティン (朝礼ネタ1357)

出勤には公共交通機関を使われる方や自家用車を使う方が一番多いのではないでしょうか。
私は電車を使って出勤をしています。
自宅からおよそ20分で職場の最寄り駅に到着しますので、居眠りをするとうっかり乗り過ごす可能性がある距離です。

私が普段通勤で行っているルーティンはまず東の窓側の席を取ります。
そして、前日に選んでおいた本やインターネットの記事を読むようにしています。
1日数ページと大して多くない量がミソです。

このようなことを始めたきっかけは、以前から考えていた英会話教室に通おうと考えていたときでした。
週1回の英会話教室は1回45分ということが多く、通学時間を考えるとわりに合わないと感じました。
それ以上に語学は自分で予習復習が必要があるため、教室での学習のみで語学を習得できるわけではありませんが、まずは自分で勉強する習慣をつけるべきと思い、学習時間を暇な通勤時間に充てようと考えたのです。

1日20分を往復し、平日5日間の出勤とすると、1ヵ月に8時間もの時間を電車内で過ごしていることに気付きました。
英会話教室に換算すると2.6か月分であることに気付きました。

今は、英会話ではなく、自分の興味のある分野を深めること、ニュースについて詳しく知ることを目標にし、毎朝のルーティンとなりました。
そういえば、学生時代には朝の読書をさせられたこともあり、朝に活字を読むことはその後のパフォーマンスにも関係するのだと思います。

最初は自分のケチな気持ちから始まったことですが、これからも続けていきたい自分のルーティンです。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。