朝のあいさつ (朝礼ネタ1351)

みなさん、おはようございます。

今日は、あいさつについて私の考えていることをお話しようと思います。

私は最近、朝早く、出社する前に近所をウォーキングするようになりました。
このごろ運動不足のせいか、階段の上り下りなどがつらくなってきて、体重を減らしたいと考えたのがきっかけです。

歩き始めてからは、早朝は涼しく空気が爽やかで気持ちがよく、
また歩いたあとはお腹が空いて朝ごはんがとても美味しいです。
そのため、今のところ体重に変化はみられませんが、
まあ増えてはおりませんので良いこととしております。

体重に変化はありませんが、運動しているせいか夜は自然に眠くなり
お酒の量が減りました。
また、早起きすることで生活のリズムが整い、毎日が快適になりました。
これが、朝のウォーキングを始めて良かった点です。

さて、早朝に歩いてみますと、同じように朝のウォーキングをしている方は意外と多いものです。
年配の方が比較的多いですが、私と同じくらいの年代の方もおられます。
また、犬の散歩をしている方もずいぶんいらっしゃいます。

みなさん毎日だいたい同じ時間に同じコースを歩くことが多いようで、
この道ではあの人に会う、この角を曲がるとあのワンちゃんが来る、などと分かってきます。

顔見知りになってくると、気になるのがあいさつです。
私は最初は何もしなかったのですが、すれ違う時に会釈してくださるご婦人がいて、
とても気持ちが良いので私も、会う人には会釈をするようにしました。

すると、最初はただ通り過ぎるだけだった方が、
二度三度と会釈するうちに、向こうからも会釈してくださるようになりました。

言葉を交わすわけでもない、ほんの少しのあいさつですが、
相手からされるのはうれしいものです。

こういう気持ちは、仕事でお客様と接する際も同じだと思います。
言葉を交わすほどではなくともこちらの気持ちが伝わるよう、心をこめて仕事をしていきたいと思います。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。