営業はスポーツと同じような考え方が必要 (朝礼ネタ1327)

スポーツ選手は大切な試合やレースなどの前には、集中力を高めるために万全の準備をしています。
その過ごし方は人それぞれ違いますけど、自分が望ましいと思った方法を使って、とにかく自分の能力を最大限発揮できるように努めていくのです。

そこまでしないと優勝をすること、いい結果を残すことが厳しいといった思いがあるわけですが、営業においても実はこの考え方は大切です。
営業に関しては主にトークで勝負をしていくわけですが、やはり集中力という部分は成果に大きくかかわってきます。

集中力が上手く発揮されないと、営業におけるトーク力が落ちる、キレが感じられないということがまずあるでしょう。
それ以外でも油断が生まれたりして、望ましくない表情や仕草が無意識のうちに出てしまったりするかもしれません。
それは営業としての成果に直結する部分であり、気付くべき部分だと思うのです。

だから、営業で成果を出すためには自分自身の持てる能力を最大限発揮することに努めるべきであり、そのためには集中力を高めることが重要です。
相手と実際に会うまでに、自分の集中力を最も高めることができるような状況を作ることが大切だと思います。

私は営業を行うときには、事前に自分の集中力を極限にまで高めることを毎回考え、心身のコンディションを整えてから臨みたいと思っています。
それこそスポーツ選手がやっているように、真剣にこの部分について取り組んでいきたいと思っているのです。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。