クリニックの月曜日!朝の朝礼のメッセージ (朝礼ネタ129)

ご承じの通り日曜日が休診であったため待合室には多くの患者様がお待ちになられています。

こういった時は非常にスピーディーな対応が求められます。

しかし忘れてはいけないのは安全です。

医療や介護現場の安全性に対して社会は厳しい目で見ています。

ニュースを見れば週に一回は医療現場や介護現場での事故が報道され、死亡事故ともなれば医療機関や施設名を公表されます。

さらに悪質なものに対しては連日にわたって報道されるのです。

それだけ厳しい目で見られているということは裏を返せばわれわれ医療人がそれだけ社会から期待されているという証なのです。

これはわれわれの誇りであり自覚しなければいけません。

安全についてもう一つ。

医療と同じくらい人々から信頼や期待されている職業は数多いですが、そのうちの一つに公共交通機関を運営する輸送業が挙げられます。

いわゆるバス会社、鉄道会社、航空会社などの企業です。

これらの企業が利益以上に大切にしていることは安全です。

つまり、安全があってこそすべての業務がつながるのです。

このようにわれわれも安全があってこその業務であることが望ましいですから、月曜日の忙しい中であっても安全を大切にし、患者さんの取り違えや薬剤の使用ミス、あるいはレントゲンの部位間違いと言った事故を未然に防ぎ、そのうえで迅速に患者さんをお待たせしないように対応していきましょう。

偉そうなことを言ってしまい申し訳ありませんが、これは自分に一番言い聞かせるつもりでお話ししました。

今日も明るく元気に患者様と向き合っていきましょう。

もう1記事読みませんか?