飲食店では従業員に対する配慮もしっかりと行う必要がある (朝礼ネタ1284)

飲食店においては、それぞれのお店ごとにスタッフの人数が割と異なる状況が起きています。
アルバイトの人数などの差が生まれることによって、お店の営業の仕方はかなり変わってくるはずです。

そして、実際に人手が足りないと感じられるお店に関しては、それだけ営業それ自体が難しくなる、厳しくなる現状を生む可能性があります。
したがって、飲食店においては従業員のこともきちんと考えるべきなのではないでしょうか?

飲食店を運営するうえで真っ先に目がいくのはやはりお客さんに対してでしょう。
それは必要な部分ではありますが、お客さんに対して直接サービスを提供するのは従業員です。
アルバイトなどのスタッフであり、そのアルバイトのスタッフなどが不足していては、満足なサービスを提供していくことは難しいと言えます。

だからこそ、この部分には十分に気を遣っていく必要があると言えます。
人手不足に陥っている飲食店は世の中では珍しくないかもしれませんが、やりようによってはその状況を改善できると思っています。
飲食店のスタッフに対して気を遣う意識を持つことで、離職率を下げられたり、多くの人に応募してもらえたりという状況が起きやすくなるでしょう。

私はこの業界で働くにあたって、各店舗ごとの従業員への気配りは徹底させていきたいと思っています。
お客さんに対しての配慮と同じように、働いてくれる人たちへの配慮をしっかりと行い、従業員にとっても魅力あふれるお店を作りたいと考えています。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。