営業はストレスを発散しやすい人が向いている (朝礼ネタ1282)

営業に関しては多くの会社で存在する職種であり、割と一般的です。
したがって、特別な雰囲気を感じるようなことはないかもしれません。
しかし、この営業という職業は非常に過酷な面を持っており、その点に関しては特別とも評価できます。

営業の場合には、やはりオフィスの外に出て仕事をすることが多い点が特徴です。
真夏も真冬もそういった状況は続き、そういった部分だけでもかなり過酷と言えると思います。

また、営業の場合にはその成績が非常に重要視され、社内で発表されるようなケースも考えられます。
自分自身で営業成績がどうか?という部分をどうしてもある程度は認識してしまうような状況があり、日々の自分の成績が芳しくないと気にしてしまう人もいるはずです。
こういった部分を考慮すると、営業は非常にストレスが溜まりやすい職種と言えます。

だから、営業をやっている人間はどうしてもストレスの発散が不可欠です。
溜めたストレスをその日のうちに発散できるのが理想で、自分なりのストレス発散方法を持っておくことが大切でしょう。

営業に向いている人というときには、いろいろな条件があげられますけど、ストレスの発散がしやすいという点は確実に当てはまります。
ストレスを溜めないことは不可避であることを踏まえると、自分なりに1日以内に行えるストレス発散の方法を全員が持っておくべきと言えます。

私自身、ストレスを溜め込むとこれからの仕事に絶対に影響が出ると思っているので、できるだけすぐに忘れることができるように努めていきたいです。
毎日行うことが可能なストレス発散の方法を手に入れ、それを実践していくことを考えていきます。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。