絶対にミスはなくならない!? ミスをなくす方法 (朝礼ネタ1276)

「どうしてミスしてしまったのだろう」と落ち込むこと良くありますよね。
実は、ミスをなくすためには「ミスは絶対になくならない」と理解しければなりません。
「ミスは絶対になくならないなんて単なる言い訳の文句だろう」と思うかも知れません。
でも、そう考えているうちはミスはなくならないんです。

今日は「ミスをなくす方法」をご紹介します。

最初にそのミスは事前に防げたミスなのか、それとも知らなかったから起きたミスなのかを分類しましょう。
事前に防げたミスの場合。これはうっかりミスのことです。
「ミスは絶対に起きるという意識改革をしてください」
つまり、根性論に頼るのは止めてください。
いくら反省しても反省でミスを直すことはできません。
自分自身に頼るのではなく、ミスを起こさない機械を活用しましょう。
または起こさないための仕組みを考えましょう。
例えば時間を忘れてしまうなら、時間ならアラームをつけるという対処を行います。
計算はExcelを頼りましょう。

事前に知らなかったミスの場合。
これは2つのパターンがあります。
1つは行っている作業の構造や理解が足りていない場合です。
理解が足りないことを理解してもう一度作業の手順や何のために行っているかを確認してください。
2つは伝達ミスが起こっている場合です。
コミュニケーションが不足しています。
積極的にコミュニケーションを取れる体制を整えましょう。

根性論に頼るのは意味がありません。
過度に反省してなんの意味があるのでしょう。
そうではなく「ミスは絶対になくならない」ものなんだと理解するで、それを踏まえて改善していくことが肝心です。

ご清聴ありがとうございました。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。