食べたいのに食べられない (朝礼ネタ1272)

年齢とともに健康を気にするようになり、好きな物ばかり食べるという訳にもいかなくなった今日この頃です。

若いころはラーメン、揚げ物、食べ放題など、ガッツリ系のお店にばかり行きこころゆくまで楽しんでいました。

しかし、最近は血圧や体脂肪が気になり始め、少しずつ健康的な食事へシフトしています。

たとえば、敬遠しがちな食べ放題でも健康的な食事はとれます。

揚げ物や炭水化物は最後にほんの少しだけにして、サラダや和え物などの野菜から食べ始めると吸収が穏やかになると言われています。

ある程度お腹が膨れたら、次はお肉や魚料理を取りますが、焼いただけ、ゆでただけなどのシンプルな調理方法の物を選んでいます。
さすがにさっぱりしていて物足りないので、具材多めのソースや、にんにくやスパイスが効いたものにすると満足度が高くなります。

そしてここで要注意なのがお寿司です。
魚ですし、さっぱりしているのでヘルシーに見えますが、シャリにはご飯はもちろん、砂糖や塩が多めに使われていて気になる上、満腹になりやすいので少量にしてほかの物を食べます。

次に、ご飯ものや麺を取りにいきますが、パスタならクリーム系よりもトマト系、ご飯ならドリアやチャーハンよりも炊き込みご飯を選び、次のデザートへ備えます。

デザートは本当はゼリーや寒天がいいのは分かってはいるのですが、せっかくの食べ放題、食べたいものを食べいています。
自分で焼くクレープやアイスてんこ盛りのパフェを作って、シメとしています。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。