孫氏の兵法から私たちも使える考え方 (朝礼ネタ1269)

孫氏の兵法という本があります。
ものすごくざっくり言うと、戦争に勝ち残っていくにはどうすれば良いのか、というようなことが書いてあります。

私たちのほとんどは、戦争は行うべきではないと考えていると思います。
しかし社会において、矢が放たれたり剣で戦うことはまずありませんしやるべきではありませんが、生き残っていくためには戦略がある程度必要となってきます。
そこで言い方が悪いかもしれませんが、攻略したい人がいる場合にまずその人を知るということが大切になると思います。

出会った方にはいろいろと質問をしてみましょう。
その人の好きな事、興味のありそうなこと、こういう考え方をするのか等がわかるだけでも、その後の接し方やもっていく方法へ繋げていくことができます。

相手が慣れている方の場合は、反対に自分が質問攻めにあい、分析されることもあるかもしれません。
その場合は話を聞いて質問には答えると同時に、相手にも質問をして話を続けていくことをしてみましょう。

自分に全然興味がない話や過去の武勇伝ばかりを話してくる人もいます。
興味がない話は、新たな知識となるだけではなく、他の誰かと話をする際に自分も少しは参加できる武器とすることができます。
実は自分も興味がない話を調べてみたら好きな系統のことだった、という気づきを得ることもあります。
過去の武勇伝は、その方が喜ぶ話として、時折思い出して振ってみましょう。

相手を知ることでいろいろなパターンのやり方を自分の中の引き出しとすることができます。
お互い知り合うことで距離が近くなるメリットもあります。

自分のことを全く話さないもの問題なので、まずは自分から素直になりオープンにしていきましょう。
よっぽどの黒歴史でない限り、失うものはありません(笑)。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。