お客様目線の接客 (朝礼ネタ1266)

接客を行うにあたって何が1番大事か、時折自分自身が様々な店舗を訪問して考えることがあります。 

もちろん、人によって感じ方は大きく変わりますが何よりもお客様の目線に立って心地よい距離感を保った接客ほど重要なものはないと思います。 

正直なところお客様にはありまにも距離が近すぎて、嫌がられることもあると思います。逆にあまりにも距離が遠すぎるとお客様からは親近感が感じられないと思うことでしょう。

そこで、最も重要なのはお客様がどう感じるかと言うことを、しゅうかんで判断すること、そしてその判断に基づいてお客様に対する接客を変えることだと思います。

もちろん、挨拶や仕草など最低限必ず最低レベルのものは合わせる必要があると思います。しかしながら、そこから一声どうかけるか、どのようなサービスを行うかはお客様によって変更していくことが重要だと思います。

そして、その内容については自分自身がどう感じたか、どのような接客がお客様に心地よいかを感じることからスタートになると思います。

もちろん、経験とともにこのようなセンスが磨かれていくと思いますが、何よりも日々心がけることが重要です。

毎日何も考えず接客を行っているとこのような戦争は間違いなく磨かれる事はなく、日々が過ごされていることになってしまいます。そうならないようにお客様と接するときにはいつもお客様が求めるものを考えるようにしていきたいと思います。 毎日何も考えず接客を行っているとこのようなセンスは間違いなく磨かれることがなく、日々が過ごされていることになってしまいます。そうならないように私自身としてもお客様と接するときにはいつもお客様が求めるものを考えるようにしていきたいと思います。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。