営業では自社製品やサービスを下げて上げることが重要 (朝礼ネタ1255)

営業では相手の心理を読んだ話術というのが有効ですが、そのときに実践したいものとして下げて上げるという方法があります。
これはネガティブな話題を出した後に、ポジティブな話題を出すことで、そのポジティブな話題により感銘を受けやすいというテクニックです。

これは実際の営業でも使うことができる技と言えるでしょう。
例えば自社の製品やサービスに関して、初めては問題点が存在しており、顧客に不満を与えてしまったという話を先にします。
しかし、その後改良を加えて今では素晴らしいっ製品やサービスに仕上がり、好評を得ているといった話を後からすると良いです。

現在の望ましい状況のみを話すのではなく、それ以前の望ましくない状況を先に話すことが重要です。
それによって、現在の望ましい状況がより際立って感じられるはずですから。

そして、現在の状況がより素晴らしく聞こえる、感じられるようにため、それによって自社の製品やサービスを購入してくれる、利用してくれる可能性が高まるでしょう。
営業というのはこういったテクニックを使うことで、会社の業績に関して貢献が可能と言えるはずです。

私はこれから営業として活動していくにあたって、そのやり方については特にいろいろな工夫を凝らしていきたいなと思っています。
普通に自社製品やサービスの良さを伝えるだけではなくて、より効果的な方法があるのではないか?ということを考え、そこから導き出されたものを実行していきたいと思うのです。

もう1記事読みませんか?