撒いたお米に集まるスズメ (朝礼ネタ1249)

私が毎日通っている、徒歩5~6分ほどのところに3軒もある近所の家の前に、いつも数羽のスズメが集まっており、人や車が通ると、一瞬で飛び立ちます。
ある日、いつものように家の前を通ると、スズメは集まっていませんでしたが、なぜかお米が撒いてありました。
「何だろう」と思っていましたが、ある別の日には、スズメたちが撒かれたお米を食べていました。

お米を連想しがちなスズメの餌は、完全に熟した黄金色の稲穂も食べますが、完全に熟す前の、指で押すと簡単に潰れる“乳熟期”の軟らかい青い稲穂のお米がごちそうです。
注意する点は、スズメに炊いたお米を与えてはいけないことです。
炊いた米に含まれているデンプンが発酵すると、餌を溜める働きを担っている鳥類の食道の一部“?嚢(そのう)”が炎症を起こし“?嚢炎になる可能性があります。

雑食性のスズメは、このほかにも好んで食べる食べ物があります。
ピーナツは、生米より軟らかく食べやすいため、親鳥がひな鳥に与えるだけではなく、生米より好んで食べている成鳥もいるほどです。
ビタミンやカルシウムが豊富な小松菜やチンゲン菜などは、ペットとして飼う場合に率先して与えたほうがよい青菜です。
注意する点は、塩茹でにしたときの塩分は、スズメにとって濃過ぎるため、お湯だけで茹でることです。
イネ科の植物の種子や木の実を好むスズメは、農家の方に害鳥扱いされています。一方、春と夏の繁殖期になると、ひな鳥に栄養のあるものを食べさせるため、農作物に寄生する青虫や蚊、蛾などのさまざまな害虫を捕らえ食べてくれます。

東京に住んでいる私は、朝、スズメを見ると癒されますが、近所迷惑になっている地域もあるため、注意しなければいけません。
お米を撒いたらスズメが集まることを私から聞いた母が、早速実行してみると、スズメのほか翌日からカラスも食べに来たため、撒くことを止めました。
一方、私の近所の家の方の中には、玄関から道路にお米をばらまく方や、端にあるマンホールの円に沿ってきれいにお米をまく方、一直線にお米を並べる方もいます。
近所迷惑になっている地域もある中、スズメが置かれたお米に寄ってきて、食べている姿を見ていると、私はやっぱり「かわいい」と思ってしまいます。

もう1記事読みませんか?