もっと回りに気を使いませんか? (朝礼ネタ1232)

狭い道での駐車車両が路端に寄せ切っていないために、
非常に通りにくくなっていて苛ついたことはありませんか?

前を走る車が左折する時、
もう少し道路の端に車を寄せてくれたら難なく直進通過できるのにと眉間にしわを寄せたり、 
右折の車にも同様にセンターライン一杯に寄ってくれたらと思う事がしばしばあるでしょう。

また片側複数車線で、追い越し車線を追い越しも追い抜きもせずに、
ずっと走り続けている車もよく見られます。これなどは明らかな交通違反です。
しかし交通違反以前に、これらは交通マナーの観点からどうなのと思ってしまいますし、
アオリ運転を誘発する危険な運転でもあります。

マナーとは人様の邪魔にならないようにすることであり、
そう極力努めるのが社会人としての常識なのではないでしょうか。

街の交通環境は様々で、いつもスムーズに動ける状態であるとは限りません。
どうすることもできず、進める状況になるまで待たなければならないこともあります。
そんな場合はもちろん気持ち良く待つのにやぶさかではありません。

狭い道で一時的に駐車せざるを得ない場合もあるでしょう。
私たちは警察ではないし、こちらも同様な迷惑をかける時もあるから、
そこは相身互いであまり小うるさく争うのもどうかと思います。
でもだからこそ出来得る限り周りへの迷惑を、最小限に抑える努力は必要なはずです。
そうすれば「申し訳ないですね。」「イヤイヤ、お互い様ですよ。」と、
少々通行しにくくても問題なく事が運ぶのではないでしょうか。

もっと自分の周りに気を使うことを、私たちから始めませんか?

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。