私が営業職で朝礼当番をさせて頂くことになりました朝礼でのスピーチ内容につきまして (朝礼ネタ11)

私は、新卒でとある生産会社での営業職として、新規お客様の獲得に働き出すこととなりまして、6年近くが経過しました。若手の中でも比較的中堅クラスに相当する若手を中心に様々な企画やプロジェクトを立ち上げたりする一方で、営業課での営業職社員全員に対して、それぞれ当番制で訓示をさせて頂く機会を設けて頂きました。ここで私が朝礼当番として営業職において留意するべき点や新規のお客様の獲得に向けた内容を直近の朝礼で訓示させて頂いた内容をお話しさせて頂きたいと思います。

「みなさん、熱い中私を始め毎日非常にお疲れさまです。みなさんが営業職として心がけていることは、どのようなことでしょうか?私は、常日頃「人は違うことをすること」を目標にして日々の営業職に従事してお客様との折衝に励んでおります。やはり、人と違うことをすることによって、様々な影響が出てくる形となります。一つ目は、「刺激」であります。人間なんらかの刺激がありませんと、怠惰で自堕落な生活になってしまうことは皆様も承知のことであると思います。ここで、刺激を求める中でやはり行き着く所が「人とは違ったことをしてみる」と言う内容であるのです。

具体的には、いつも営業先で向かうお客様の元にも、ルートを変更して道を変えるだけで、新しい視点や、新しい考えで物事を考えることができます。私の場合ですと、お客様と対峙した際にまず、自分の趣味で成功した事などを話すようにします。人間は合わせ鏡でやはり嬉しく話すと対峙する人間も嬉しくなってしまうものであると考えておりますので、やはり自分から率先して明るい成功しだ話題を提供することで、お客様も次第に笑顔になり交渉することが容易になることです。

皆様も是非人とは違った何かを始めてみてください。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。