今日災害が起きたら (朝礼ネタ108)

今日の朝礼では、先日、テレビで東日本大震災やこれから起こる地震に関する番組を見て、気づいたことがありますので、そのお話をいたします。

その番組で興味深かった内容は、震災は自宅だけで起こらない、ということでした。防災、減災という話をする時、まず、自宅の近くの避難所や避難経路を確認したり、防災グッズを自宅に用意したりすると思います。私の家もそうです。

しかし、1日、日中の大半を私がどこで過ごしているかというと、この事業所の中で利用者さんと、もしくは利用者さんのお宅でサービス中です。通勤中や移動中ということもあります。

今日、もし、その時に地震が起こったら、私は果たして自分と利用者さんの命を守れるのだろうか、と考えました。この事業所に最寄りの避難所はどこか、利用者さんの使っているお部屋に地震のとき、倒れて危険なものはないか、移動中に起きたらどうすればいいのか、分かっていないことがたくさんあるなと思いました。

今日は、もし地震が起こったらどうするか、を各場面ごとに思いをはせながら仕事をしてみたいと思います。利用者さんに、この近くの避難所はどこか、とか防災グッズはどうしておられるか、とか雑談として聞いてみるのもいいかと思います。

テレビの番組の最後で、いざという時、慌てないためには、シミュレーションすること、何度も訓練することだと言っていました。

日々の忙しさに追われて、非常時のことはなかなか考えない毎日ですが、もし地震、となったら利用者さんに頼られる身である私たちですので、普段からもしもについて考えて、またそれをみなさんと共有して、もしもの災害にそなえていけると、利用者さんにも私たちにも安心なのではないかなと思いました。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。