仕事でのミスをどう捉えるかについて (朝礼ネタ102)

専門事務というのは、ある意味孤独な仕事です。

誰にでも出来るような仕事ならば、横のつながりで慰めたり励ましたりしながら頑張ることができます。もしくは、先輩に聞くことができます。

しかし、専門性の高い事務になると、なかなか人に相談するのが難しいという側面があります。

単なる事務というのではなく、自分自身で判断をしなければならないという時も多いといえるでしょう。

そして、自分で判断するということは、間違いをおかす可能性も増えるということで、専門事務職はミスへの不安を抱えながらの毎日を過ごしています。

そのストレスというのは、半端なものではないですよね。

まして、事務という響きから、仕事内容が軽く見られてしまうことも往々にしてあります。

そんな中、ミスをして叱責されると、この世の終わりのように落ち込んでしまう人もいます。

しかし、ミスというのは仕事のうえで付き物ですから、あまり落ち込みすぎるというのも考えものです。

失敗は成功のもと、という言葉は何百回と耳にしたことがあると思います。今更と思われるかもしれませんが、しかしながら、人はミスから成長していけるというのは真理だと思います。

ミスをしたからといって、自分がその仕事に向いていないのではないかと早合点してしまうのは勿体ないです。

そのミスを通して、自分が成長できる要素がたくさんあるかもしれません。

また、周りの人も、他者のミスを責めるのではなく、そこから相手が成長できるようなフォローをしていきたいものですね。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。