私が交通課で実施する朝の朝礼内容について (朝礼ネタ10)

私は、タクシー運転手と長年勤務している者ですが、もうタクシー会社に勤続して早いもので30年が経過しようとしております。
そんな長年のタクシードライバー歴のキャリアと実績を評価される形で若手社員に毎朝交通訓話として何か朝礼でスピーチをして頂きたい
と上司から依頼を受けるような形で、朝礼時にタクシー会社で安全講話を担当させて頂くことになりました。

私が、毎朝朝礼で訓示する内容としましては、「なぜ危険予測ができないのか」と言う内容について直近の朝礼時での訓示内容でお話しさせて頂きました。
その内容についてですが

「皆様は、タクシーのハンドルを毎朝手に取られた際に、どう思いながら勤務されてらっしゃいますでしょうか?おそらく大勢の方が漠然と淡々と運行業務を進めていることと思います。そんな中で漫然と運転することが最も危険なことであると皆様に周知させて頂きたいのです。私は、このタクシー業界にて無事故無違反で30年間勤続できておりますのも、一重に、危険予測運転のお陰であると思っております。危険予測をする重要性としまして、「・・・かもしれない。」と言うことを常に認識して頂きたいのです。

「ここの曲がり角で車が飛び出してきたらどうしよう。」「ここの隙間から子供が飛び出してくるんじゃないか?」そんな内容でも全然大丈夫でありますので、とにかく運転を
しながら、気を引き締めるためにも危険予測を継続して頂きたいのです。
そのことによって交通事故のリスクは下がりますし、自分自身に対しても常に危機感を持ってハンドルを握れる形になれると思いますので、

「車のハンドルは人生のハンドルである。」このことをよく認識して日々の運転業務に反映させてください。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。